『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』動画やDVDの無料フル視聴方法!配信はある?

10 min

この記事では、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

  • 動画は無料で視聴ができる?
  • 動画配信サービスで取り扱いがある?
  • 配信やDVDで取り扱いがある内容はどんなのがある?

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』はテレビ東京系列の「土曜スペシャル」で、2007年からレギュラー企画として放送されている旅番組シリーズです。

路線バスで制限時間内に目的地への到達を目指すことが最優先なので有名な観光地を素通りしたり、バス停近隣の穴場スポットに立ち寄ったり一般的な旅番組とは違うところが面白い通称「バス旅」。

太川陽介さん、蛭子能収さんの出演でシリーズ1が放送され、2017年3月25日からはレギュラー出演者をリニューアルし田中要次さん、羽田圭介さんの出演でシリーズ2「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が放送されているので過去作品が見たい方も多いのではないでしょうか?

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のフル動画を無料で見る1番おすすめな方法は?

まず結論から言うと、

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を無料で視聴したい方は、TSUTAYA TV/DISCAS無料お試し期間を利用して視聴するのがオススメです!

TSUTAYA TV/DISCASの無料お試し視聴期間を利用すれば、高画質で『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の動画が視聴可能です。

TSUTAYA TV/DISCASでは、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のDVDが完全に無料でレンタルできます!

  • 無料お試し期間が30日もある!
  • DVDのレンタル+CDのレンタル+オンライン動画も見れる!
  • 月額費用(定額レンタル8)は1,865円(税抜)
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 動画配信+DVDレンタルの取り扱い数はダントツNo.1
  • アダルト作品も借り放題!

※2020年5月時点の情報です。情報の詳細はTSUTAYA TV/DISCASのホームページでご確認ください。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の動画をTSUTAYA TV/DISCASで無料視聴するには?

そのお試し無料視聴期間の利用だけであれば、一切費用はかかりません。

  1. TSUTAYA TVの無料お試しに申し込む
  2. 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のDVDをレンタルする
  3. TSUTAYA TVで見放題作品も視聴可能!
  4. お試し無料期間(30日間)内に、解約の手続きを済ませる!

無料で視聴が可能!

TSUTAYA TV/DISCASで見れる『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』シリーズや関連作品

TSUTAYA TV/DISCASでは、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のシリーズ作品や関連作品も取り扱いがあります。

※2020年5月時点での情報なので、念の為TSUTAYA TV/DISCASのホームページでもご確認されてください。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を視聴する方法は何がある?

サービス名配信
動画の本数ポイント月額(税込)無料期間
U-NEXT×0話なし2,189円31日間
Hulu×0話なし1,026円14日間
TSUTAYA TV/DISCAS
DVD
10巻
なし1,026円〜30日間
dTV×0話なし550円31日間
TELASA×0話なし618円30日間
Netflix×0話なし880円〜30日間
Paravi4話なし880円〜14日間
FODプレミアム×0話なし880円〜14日間
Amazonプライム×0話なし5,390円/年間30日間

調査してみたところ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の動画は、ParaviとTSUTAYA TV/DISCASで取り扱いがありました。

やはり『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を見るには、数の多いTSUTAYA TV/DISCASで見るのがいいですね!無料お試し期間が30日あるので、まずは無料で視聴できるお試し期間を活用してみるのがおすすめです!

違法アップロード動画で視聴できる?

インターネットでは、下記の動画アップロードサイトでも『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の作品らしき動画がアップされていることがあります。

そこで、実際に動画を調査してみました。

YouTubeでの配信状況

YouTubeでは数多くの動画がアップロードされていました。

画像が荒かったり音声が悪い動画など様々でした。
数は多いのですが違法アップロードも沢山あり定期的に削除されているようです。

Pandoraでの配信状況

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で検索した結果、Pandoraは40件の動画がありましたが半分以上違う動画です。

アップロードされている動画はかなり少なくて短いものばかりなので見たい動画はありませんでした。

DailyMotionでの配信状況

DailyMotionでは9本の動画がありましたが半分は違うTV番組でした。

見たい内容があったとしても違法でアップロードされたものはウイルス感染なども心配ですよね。

これらの無料動画配信サイトは違法?

参考サイト:日本民間放送連盟

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』番組情報

番組名ローカル路線バス乗り継ぎの旅
番組放送期間2007年10月20日~2017年1月2日
放送曜日・時間土曜日(不定期)18:30~20:54
放送局テレビ東京
番組公式サイト公式HP

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のDVD内容紹介

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 松阪~松本城編

太川陽介&蛭子能収にマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
テレビ東京が誇る高視聴率人気番組が太川&蛭子コンビのオーディオコメントリー付きでDVD化!

2007年より、テレビ東京『土曜スペシャル』で不定期放送されている超人気企画が待望のDVD化! 太川陽介と蛭子能収に毎回女性ゲスト(マドンナ)を一人加えた3人が、3泊4日の日程内に日本国内の路線バスを乗り継いで目的地への到達を目指す旅番組。
一般的な旅番組とは趣が異なり、目的地に到達することが最優先事項となっているため、一行は観光を楽しむことよりも時間に追われながら、行き当たりばったりのルートでいかに先に進めるかに挑戦する。タイトルの通り、移動は原則として路線バスを使用。
利用するバスの発車時刻によっては有名な観光地を素通りすることもあるが、その反面、あまり知られていない穴場スポットに立ち寄ることも。
「鉄道や飛行機・船といった他の公共交通機関の利用は禁止」や、「自転車、ヒッチハイクを行うことは禁止」、「情報収集にインターネットを 利用できない」等、細かな旅のルールが決められている。
旅番組のセオリーを崩すスタンスや太川さんのリーダーシップ、自由すぎる蛭子さんの行動など、まったく予定調和じゃない展開が好評を博し、今では高視聴率を獲得する人気企画に成長。
DVD化にあたり太川&蛭子コンビのオーディオコメントリーを収録、蛭子能収描き下しイラストをDVDジャケットに使用するなどファンにはたまらない特典もあり!!

【ストーリー】
太川陽介&蛭子能収のコンビにマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
今回は三重県松阪市から長野県松本市の松本城まで430キロを激走。
バスが繋がらず猛暑の中の過酷な徒歩連発に64歳蛭子「もうヤダょ…」、
太川ぶち切れで番組最終回の危機!?さらにお盆でバス運休、突然の豪雨など超絶ハプニングの連続!
ハラハラドキドキの珍道中…果たして無事ゴールなるか!?

【キャスト】
太川陽介/蛭子能収/加藤紀子/キートン山田(ナレーション)

【特典】
<仕様>
蛭子能収描きおろしイラストジャケット
<封入特典>
旅の経路マップ
<音声特典>
オーディオコメンタリー(太川陽介×蛭子能収×加藤紀子)
<映像特典>
蛭子能収イラストギャラリー収録(静止画)
※全て予定

引用:Amazon商品紹介ページより

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 出雲~枕崎編

太川陽介&蛭子能収にマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
テレビ東京が誇る高視聴率人気企画のDVD化シリーズ第2弾!!

2007年より、テレビ東京系列の『土曜スペシャル』で不定期放送されている超人気企画のDVD化シリーズ第2弾!!
太川陽介と蛭子能収に毎回女性ゲスト(マドンナ)を一人加えた三人が、
日本国内にある路線バスを乗り継いで3泊4日の日程内に目的地への到達を目指す旅番組。
一般的な旅番組とは趣が異なり、目的地に到達することが第一となっているので、
一行は観光を楽しむよりも時間に追われながら行動。そのため、利用するバスの発車時刻によっては有名な
観光地を素通りすることもあるが、その反面、あまり知られていない穴場スポットに立ち寄ることもしばしばあり。
タイトルの通り、移動には原則として路線バスを使用しなければなく他にも細かいルール、
「鉄道や飛行機・船といった他の公共交通機関の利用は禁止」や、「自転車、ヒッチハイクを行うことは禁止」、
「情報収集にインターネットを利用できない」等が決められている。(だけど特例でOKな時もある!?)
旅番組のセオリーを崩すスタンス、太川さんのリーダーシップ、自由すぎる蛭子さんの行動、
まったく予定調和じゃない展開が放送回数を重ねるごとにファンを増やし、今では高視聴率企画に。

【ストーリー】
太川陽介&蛭子能収のコンビにマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
今回はマドンナに芳本美代子を迎え出雲から鹿児島の枕崎までの約700kmを3泊4日で目指すします。アポ無し旅の途中で
出会う思わぬ絶景や地元の人々とのふれあい…そしてハプニングの数々。初日から横殴りの大雨に見舞われるなど
今回は大苦戦を強いられることに…。果たして3人は、目的の地まで辿り着くことが出来るのか!?

【キャスト】太川陽介、蛭子能収、芳本美代子、キートン山田(ナレーション)
【特典】
<仕様>
○蛭子能収描きおろしイラストジャケット
<封入特典>
○旅の経路マップ
<音声特典>
○オーディオコメンタリー(太川陽介×蛭子能収×芳本美代子)
<映像特典>
○テレビ東京フェスティバル
「太川&蛭子 はじめてのトークショー」(前編)
○蛭子能収イラストギャラリー収録(静止画)
※特典内容は全て予定※

引用:Amazon商品紹介ページより

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 函館~宗谷岬編

太川陽介&蛭子能収にマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
テレビ東京が誇る土曜スペシャルの高視聴率人気企画のDVD化シリーズ第3弾!!

【ストーリー】
太川陽介&蛭子能収のコンビにマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
今回はマドンナに伊藤かずえを迎え、秋の北海道を縦断します。函館を出発し、絶景と海の幸を堪能しながら宗谷岬を目指して
北上するつもりが、いつのまにか東へ西へ、日本海からオホーツク海への大横断に!! 北の大地の迷路のような路線バスは、
三人を一体どこへ運ぶのか!?

【キャスト】
太川陽介、蛭子能収、伊藤かずえ、キートン山田(ナレーション)

【特典】
【仕様】蛭子能収描きおろしイラストジャケット
【封入特典】旅の経路マップ
【音声特典】オーディオコメンタリー(太川陽介×蛭子能収×伊藤かずえ)
【映像特典】
・歴代マドンナ集合! 大感謝祭 未公開映像集<前編>
・太川&蛭子DVD発売コメント
・「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」予告編

※特典内容は全て予定です。

引用:Amazon商品紹介ページより

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 青森~新潟編

あの、テレビ東京が誇る高視聴率人気企画のDVD化シリーズ第4弾!!

太川陽介&蛭子能収にマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
テレビ東京が誇る土曜スペシャルの高視聴率人気企画のDVD化シリーズ第4弾!!

太川陽介&蛭子能収のコンビにマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
今回はマドンナに中山エミリを迎え、「みちのく青森から北陸の新潟まで3泊4日で乗り継いで行けるのか!?」に挑戦。
道中思いがけなく出会う絶景や 地元の人々とのふれあい、そしてハプニングの数々。果たしてたどり着けるのか!?

【キャスト】
太川陽介、蛭子能収、中山エミリ、キートン山田(ナレーション)

【特典】
仕様:蛭子能収描きおろしイラストジャケット
封入特典:旅の経路マップ
音声特典:オーディオコメンタリー(太川陽介×蛭子能収×中山エミリ)
※特典内容は全て予定です。

引用:Amazon商品紹介ページより

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE

太川陽介&蛭子能収にマドンナ1名を迎え、男女3人が路線バスだけを乗り継ぎ、3泊4日で目的地を目指すガチンコ旅。
テレビ東京が誇る土曜スペシャルの高視聴率人気企画がまさかの映画化!

★テレビ東京が誇る高視聴率番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」がついに映画化!
★迫り来る台風や言葉の壁を乗り越えられるか?! 笑いと涙の感動のロードムービー!
★番組初の海外ロケに挑戦! 台湾の美しい風景や街並みは旅行好きも必見!バラエティ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とは?

【旅のルール3箇条】
原則としてローカル路線バスのみを使用で、3泊4日で指定の目的地にゴールすること。
1: 高速、タクシー、鉄道、飛行機、船、自転車、ヒッチハイクなど、他の交通機関の利用は禁止
2: 情報収集でインターネットを利用することは禁止
3: ルートを決め、宿泊する宿、撮影交渉など、すべて自分たちで行う

【ストーリー】リーダーシップと計画性の太川、自由すぎる蛭子のでこぼこコンビに、マドンナ・三船美佳を迎え、日本を飛び出して海外版「路線バスの旅」が実現した! 旅好きにはたまらない台湾を路線バスで縦断する。太川の切れ味と蛭子のやる気のなさが冴え渡り、異国情緒溢れる名所旧跡の魅力もあいまって、まるで一緒に旅しているかのような臨場感。折しも台風21号が台湾を直撃し、バスは全線運休、史上最大の危機に見舞われる!
たとえ舞台が海外に変わっても、ガチンコ旅のルールとノリは変わらない。言葉の壁と乗り継ぎと台風と戦いながら、笑って泣いてボケて呆れて、世界一ゆるくてガチで必死な旅で、3人はゴールできるのか!?

【キャスト】太川陽介 蛭子能収 三船美佳 ナレーター: キートン山田 【スタッフ】主題歌:「人生という旅」 由紀さおり (ユニバーサル ミュージック)、 構成:釜澤安季子、 音楽監督:遠藤浩二、 演出:鹿島健城 制作:テレビ東京

【映像特典】舞台挨拶集/蛭子&太川コメント集/予告編集
【音声特典】オーディオコメンタリー(太川×蛭子×三船)

引用:Amazon商品紹介ページより

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』キャスト・出演者

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』視聴者の感想や口コミ

男性

男性

3人のタレントが3泊4日内にスタート地点からゴールを目指し、ローカルバスのみで移動して、ゴールまでたどり着けるかというバラエティ番組です。シリーズ1とシリーズ2があり、シリーズ1は太川陽介、蛭子能収と女性ゲストの3名で、女性ゲストは毎回、代わります。シリーズ2は新シリーズとして「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」というタイトルで田中要次、羽田圭介と女性タレントの3名で旅をします。

旅のルールとして、高速バス、鉄道等、ローカルバスは利用禁止で、本の地図を片手に案内所や地元の人からの情報を得ることは良いと過酷なルールでしかも女性ゲストも同じ行動をするので、果たしてゴールまで到着できるかが一番の問題ですが、移動範囲が都道府県を跨いでいるので、バスが繋がるかも毎回、ひやひやしながら見られる処が面白いポイントです。地元の案内書の方でさえ、バス会社へ電話して、どうつながっているのかを確認する程、分からない状態で旅をするのですから、毎回、ゴール到達できるとは限りません。

リーダーの太川さんは毎回、バスの中でも、地図を広げて、どう進むべきか、どっち周りの方が先まで行けるかとやっている積極的派に比べて、蛭子さんはいつもマイペースという正反対な2人がやっているので、まるで現在版弥次喜多道中みたいな処も見どころです。地元の案内所の女性が太川さんの歌手時代の事を知っていると、「あのルイルイ」をやってと頼み込み、照れながら、ルイルイをやってくれる太川さんも面白いです。ごくたまの要求ですが。

夜は大体がホテルの近くの居酒屋さんで、まずはビールで、「流石にローカルバス旅後のビールは上手い」という感じで飲みながらも、地図を広げて、今日はどれだけ進んだかをカメラスタッフに見せている太川さんで、行動力のある面白いタレントさんです。

女性タレントゲストによっては、体力に自信がない人もいますし、バスがなく、雨が降っている中を歩いて移動するケースもあり、実際に仕事のロケとは言え、俳優さんも大変だなと思ってしまうことも度々です。

男性

男性

ローカル路線バスで移動しながら目的地を目指す番組です。
途中の経由地を間違えると、元の場所に引き返したり、その日のバスが終わってしまって、思わぬところで宿泊しないといけなくなったりと、予想外の旅になるので、スリルがあってとてもワクワクしながら見ています。
見どころは、旅先で出会った地元住民の方との掛け合いが面白いです。
そして、地元の人だから分かる情報や、この旅に有益な情報をくれる人もいて、そういった立ち回り方は参考になります。
また、普段テレビに映らない場所や、あまり有名ではない隠れた観光スポットなどが出てくるので、同じ日本でもまだまだ知らない場所が多く、興味深く見ています。
私も旅が好きなので、知られていないけれど素敵な場所があると、行きたくなってしまいます。
オススメポイントは、ゴールまであと少しの場面で、このバスに乗ったら目的地のバス停まで行けると出演者さんが確信する場面です。
出演者さんの安堵したところや、疲労感が露になっているところを見ると、素直に嬉しくなります。
最後にゴールするときに、安心感を感じて、見てよかったなと、毎回思えるので、この番組が好きです。

この番組は、毎回録画をして見ています。まずしっかり計画立てて行動する太川さん、方やとりあえず歩くことなくバスがうまく繋がればいいかなとマイペースの蛭子さん、しかしいつも見て思うことは蛭子さんは、たまに弱音を言うこともあるが本当にいつも笑顔で場を盛り上げてくれている。また太川さんも蛭子さんの弱音をうまくくみ取ってくれているのがとても良い。毎回ゲスト(マドンナ)で3人の雰囲気が変わるのも見どころの一つである。現在、田中さんと、羽田さんの番組もやっているが、こちらのチームがどちらかと言えば行き当たりばったりの感じで少しヒヤヒヤ感がまだある。しかし、慣れてくれば太川・蛭子コンビ同様にうまくなっていくことだろう。まだまだ、日本全国をバス旅で視聴者を楽しませてもらいたい。

男性

男性

ローカル路線バス乗り継ぎの旅は、テレビ東京の番組です。簡単にいうと、路線バスのみを利用して目的地まで旅を進めるというものです。この旅には3つの決まり事があります。最初の決まりは移動は原則としてローカル路線バスのみを使用することで、高速バスやタクシー、鉄道、飛行機、船、自動車、ヒッチハイクなどは禁止です。次の決まりは、目的地に向かうルートは自分たちで決めるということです。情報収集のためにインターネットの活用は禁止です。紙の地図や時刻表、案内所などでの情報のみが使えます。最後の決まりは、3泊4日いないで、指定の目的地にゴールすることです。この番組では、キャストたちの現地の人との触れ合いが心温まります。また、マイペースな蛭子さんが時にわがままを言うところが微笑ましいです。

男性

男性

路線バスを乗り継いでかなりの距離を移動しないといけない過酷な番組ながら、路線バスはゆっくりと進むので、全体的にのんびりとした雰囲気が漂っています。
各地の「地元のバス」を使う「地元の人たち」との交流もあり、ほのぼのとした気分になれます。ときにはバスが繋がっておらず、ひたすら長距離を歩く過酷なシーンもありましたが、背景はのんびりとした山間や田舎町、夕日の海辺などで雰囲気が良く、旅番組として上質でした。
しっかり者の太川さんとのんびりした蛭子さんの掛け合いも絶妙でした。目的地に時間通りに到着するよう策をめぐらせ必死でがんばる太川さんと、しんどいことは嫌で寄り道もしちゃう脱力系の蛭子さんが、ときにはぶつかり合いときには協力し合ってゴールを目指す姿はおじさんたちによる青春もののようでもありました。
毎回変わるマドンナの女性陣もボロボロになりながら笑顔で長距離を歩き、こんな一面があったのかと新鮮でした。
こんな風に路線バスで旅をしてみたいと思う番組でした。

※2020年5月時点の情報です。情報の詳細はTSUTAYA TV/DISCASのホームページにてご確認ください。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を
無料視聴する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です