未分類

【その2】テセウスの船原作ネタバレあらすじ!最終回結末や真犯人は?

ドラマ【テセウスの船】の原作漫画【テセウスの船】は、すでに完結しています!

全巻のあらすじをまとめていきます。

このページでは、その2となります。

漫画『テセウスの船』ネタバレあらすじその1はこちら

テセウスの船原作ネタバレあらすじ!最終回結末や真犯人は?ハッピーエンドで終わる?ドラマ【テセウスの船】の原作漫画【テセウスの船】は、すでに完結しています! 早速、本屋さんに行って全巻読破してきたので、あらすじを...
  • ドラマのあらすじをじっくり楽しみたい!
  • あらすじを事前に知りたくない!
  • 真犯人もわからないほうがいい!
  • 最終回の結末がハッピーエンドかどうか知りたくない!

という方はこちらのページは読まない方がいいかもしれません。

\今すぐ電子書籍で第1巻&第2巻を無料購読する/

第1巻&第2巻を無料で読む

原作漫画【テセウスの船】の情報

作品名 テセウスの船
作者 東元俊哉
掲載誌 講談社『モーニング』
掲載期間 2017年30号〜2019年30号
2017年6月22日〜2019年6月27日
コミックス 全9巻

事件が起きたのは、1989年6月24日の北海道・音臼村の小学校。

当時の児童を含む計21人が毒殺されるという事件が起きる。その時に逮捕されたのは、当時村の警察官であった佐野文吾。

その事件から28年後、佐野文吾の息子である田村心は、死刑判決を受けておりながらもなお未だに一貫して、無罪を主張し続ける父親が冤罪なのではないか?という可能性を感じて、独自で調査をし始める。

当時の事件現場である音臼村の小学校跡地を訪れた田村心は、突然発生した濃霧に包まれたかと思うと、事件のあった1989年へとタイムスリップしていた。

そこで事件前の父、佐野文吾と自分が生まれる前の家族と出会う。父親が本当に犯人なのか?事件の背景には一体何があったのか?

※原作では舞台が北海道となっていますが、ドラマでは北海道では無くなっています。

原作漫画【テセウスの船】の登場人物

  • 田村心
  • 佐野和子(田村心の母親)
  • 田村由紀(田村心の妻)
  • 佐野文吾(田村心の父親)
  • 佐野鈴(田村心の姉)
  • 佐野慎吾(田村心の兄)

原作漫画【テセウスの船】のネタバレあらすじ 再び現代へ

気がつくと、携帯の電波が圏外ではなくなっており、会う約束をしていた弁護士さんから電話がかかってきました。

約束の時間を過ぎてしまっていると言うが、どうなっているのか?

現代に戻ってきたと思っていたが、携帯を見ると知らない番号からの着信履歴が並んでいる。

一体どう言うことだ?

 

父親である佐野文吾との面会のため、弁護士の先生と約束していた時間に間に合わず先生から電話がかかってきていた。

 

なぜかはわからないが、現代に戻ってこれたようだった。

 

おかしい・・・

 

 

 

変わった現代

自分のスマホを見ても、身の覚えのない番号が登録されている。

どうなってるんだ?

ネットで「音臼小無差別殺人事件」について調べてみると、事件の詳細が微妙に変わっている。

また、母親の佐野和子が事件後に一家心中を図って命を落としていた。

事件を防ぐことができず、自分がいた現代も変わってしまっていた。

未来、未来は誰が面倒を・・・

母親に預けていたはずの未来が心配で、急いで東京へと戻る。

自分の部屋はあるものの、以前と様子が違う。

改めてスマホを調べてみると、知らない写真や通話記録ばかりだ。

由紀や未来の写真が残っていない。

まさか、と思い由紀の実家を訪ねてみる。

「ごめんください。田村心です。」

由紀の両親は狐につままれたような顔をして、何を言っているのか分からないようだった。

スマホに着信があった。

しらぎくの杜

「もしもし」

児童養護施設

事件後、心と姉の鈴は児童養護施設に預けられた。

預けられた当初は、施設の人間もあの事件の家族だとは知らなかった。

鈴は施設でもお姉さんとして、みんなをしっかりと面倒を見てくれていた。

しかし、とある日に事件の家族だということがバレてしまい、施設の中でもイジメられるようになった。

鈴は、高校に進学することなく、しらぎくの杜を出て行った。

その後の足取りは不明で、連絡もつかないという。

妻であった由紀の実家を尋ねると、由紀はこの世界では生きていた。

結婚しておらず、岸田の旧姓で週刊誌の記者をしていたのだった。

田村心と名乗ると、事件の家族ということをすぐに察知して、取材したいと言い出してきた。

俺の知ってる由紀じゃない。

どうしたら・・・?

そうだ、もう一度札幌へ行って、佐野に会おう。

佐野文吾は全てを知っているはずだ。

札幌拘置所を訪ね、佐野文吾に会いにいく。

30年ぶりの再会

「誰だかわかりますか?」

年老いた佐野文吾は、驚いた顔で

「心さん・・・・いや、正義か?」

「はい。」

佐野文吾は、涙を流して謝った。

心も涙して一人にさせていたことを謝罪した。

「あの時のこと、覚えていますか?」

「あぁ、もちろん全部覚えている」

突然心がいなくなり、文吾も和子も何かの事件に巻き込まれたのではと心配していたこと。

村の中でも、突然いなくなった心のことを探したが、手掛かり一つ見つからなかったこと。

息子だと言われた時は混乱したが、心の言うことが実際に起きるたびに信じていいものかと悩んでいたのだった。

そして、音臼小の事件が起きた。

2月の終わりには、明音ちゃんの事件の捜査中に金丸刑事が亡くなっていた。

捜査中に雪山の崖から落ちて、転落したという。

明音ちゃんの事件は解決することはなかった。

三島医院の三島さんや、佐々木紀子はその後村を出て行った。

事件の起きる6月24日が徐々に近づいてきていた。

学校にレクリエーションの中止を提案したり、たびたび小学校へ訪れて見回っていた。

しかし、それが逆に何も知らない村民からはおかしな目で見られるようになったのだった。

事件当日も見て回ったが、過剰に警備をする佐野文吾は明らかに様子がおかしかった。

そして、事件は6月24日ではなく翌日に起きた。

牛乳に青酸カリが混ぜられており、それを飲んだ小学生が亡くなった。

佐野文吾が疑われ、自宅からは青酸カリが押収された。

佐野には身に覚えのないものだったが、木村鍍金工場から盗まれたものだった。

面会の別れ際に、佐野文吾の面会に姉の鈴が来ていたことも聞かされた。

心は東京へは帰らず、しばらく札幌にとどまることにした。

変わった鈴

札幌市内の漫画喫茶で、改めて音臼小の事件について調べてみるとおかしなことがわかった。

被害者の小学生が、以前と違っていたのだった。

佐野文吾に姉・鈴の住所を聞き訪ねてみた。

鈴は変わっていた。

久々の再会に涙をして喜んでくれた鈴だったが、明らかに見た目が変わってしまっていた。

整形している。

今は、村田藍と名前も変えて暮らしていた。

場所を変えて話そうとした瞬間、スマホが鳴り姉の顔色が変わった。

「ごめん、私戻らなきゃ」

また会おうと言って、帰って行ってしまった。

鈴(藍)が家に戻ると、車椅子の青年が待っていた。

弟が来たことを話すと、会いたかったといい色々と聞いてくるが、鈴(藍)はあまり話したがらない。

高圧的に、なぜ話さないのか誰も家族を紹介してくれないのかと問い詰める。

佐々木紀子

佐野文吾の面会に弁護士が来ていた。

佐々木紀子を覚えているか?と訪ねられ、今になって佐野文吾の無罪を証明できると言い出してきたという。

心と鈴は待ち合わせをして、父の面会へ行くことにした。

その前に、連れて行きたいところがあると、鈴は田村家のお墓へと連れていった。

母の墓前で、当時のことを聞いた。

事件後、村で受けたイジメや迫害。

心が生まれる時でさえ、村の看護師や産婦人科は相手にしてくれず、母親は自力で心を産んだのだった。

音臼村で生活ができなくなり、引越しをするが身分がバレるたびに引越しを繰り返した。

そして、ある日鈴の給食に除草剤が混ぜられて入院したこともあった。

そんな中で、母の和子はもう終わりにしようと言い、子供たちとお風呂場で練炭自殺を図ったのだった。

しかし、鈴は目を覚まし父のことを思い出して一番小さい心だけを助け出すことができたのだったという。

「私たちもう会わない方がいい」

これから生きていくためにも、もうお父さんとも会う気はないという。

なぜ・・・?と思いつつ、二人は拘置所へと向かった。

久々の家族の再会に喜ぶ父。

そんな時、ふと父文吾が嬉しそうに二人に。

「佐々木紀子って覚えてるか?」

佐々木紀子が無罪の証明をしてくれるということを伝える。

青酸カリを盗み出したのは、佐々木紀子だったということを自分で証言すると言い出したのだという。

その他にも、再審に有効な証拠を持っているという。

木村みきおとその母

拘置所からの帰り道で、なぜ今になって佐々木紀子が証言すると言い出したのか不思議に思い、二人で話しているところに藍を呼ぶ声がする。

買い物帰りの木村みきお(車椅子の男)とその母だった。

心は親子を見て、とっさにどこかであったような気がしていた・・・

挨拶をすると、二人も心と会ったことがあるような記憶があるという。

お土産を渡したいと、心を家に招き入れると早々に挨拶をする。

みきお・・・・

まさか

隣の部屋で電話をしていると、昔の写真が飾ってあるのに気がついた心。

音臼小学校の生徒が写っている。

「それ、僕が小学生の時の写真なんです」

後ろから、木村みきおが声を掛ける。

「音臼小学校の事件知ってますか?僕あの現場にいたんです」

「犯人と前の晩に話したんです」

「僕も牛乳に混ぜられた青酸カリを飲んで、奇跡的に命は助かったけど足が・・・」

やっぱり加藤みきおか・・・

心は生徒だった加藤みきおを思い出した。

みきおの母親は、同じ音臼小の教員だった木村さつきだった。

事件後に加藤みきおを養子として引き取ってくれたのだという。

そろそろと、家を後にしようとしたところで、木村みきおは心に来週の24日は空いているかと尋ねる。

音臼村で慰霊祭があるという。

心にも家族として一緒に参加してほしいという。

スケジュールを確認してみるといい、その場を立ち去る心だった。

見送りに来た鈴に、なぜ加藤みきおと一緒になったのかを尋ねる心。

事件後、事件のことを忘れ遠ざけていたという鈴。

介護の仕事をしていた時に、たまたまみきおと出会ったという。

事件のせいで車椅子になり、苦しんでいる姿を見て考え方が変わったのだった。

自分は事件のことを忘れようとしているが、未だに事件の後遺症で苦しんでいる人が目の前にいる。

私は加害者家族として、彼らに償うべきなんじゃないかと。

みきおには自分の素性はバレていないという。

しかし、心はこんなこと一生隠し通せるわけがない。

子供も生まれるのに。

父さんの無実が証明されるしかない。

音臼村の慰霊祭

佐野の息子だとバレたら、慰霊祭ではとんでもないことになる。しかし、音臼村の住人に会えば当時の話が聞けるかもしれない。

そこで、心は岸田由紀に取材と称して協力を仰ぐことにした。

 

心は、札幌で由紀のインタビューに答えると伝え、札幌市内で会うことになった。喫茶店で由紀と落ち合い、心は由紀に佐々木紀子の証言のことを伝えました。

鈴とその夫と一緒に慰霊祭に同行しないかと誘ったのです。

しかし、その喫茶店の後ろの席では木村さつきが心と由紀の会話を盗み聞きしていました。佐々木紀子の証言の話を聞いた瞬間に驚く木村さつき。

由紀は、ぜひ一緒に参加したいと願いでました。

 

木村みきおと村田藍(佐野鈴)は、神社に安産祈願に来ていました。安産を祈願した藍は、みきおに何をお願いしたのか訪ねます。

「ほしいものを手に入れたけど、手に入れてみたら違った。」

「同じだけど同じじゃないんだ。テセウスの船みたいに」

「俺は変わらないものが欲しかった」

「藍は本当に俺のこと好き?」

 

佐々木紀子の証言

木村さつきは、音臼村の昔馴染みに連絡して佐々木紀子の連絡先を聞き出していた。

そんな折に、心のところに佐々木紀子から電話がかかってくる。慰霊祭の前に、心にあって佐野文吾の証言のことについて話をしたいと言う。

心も出来るだけ早く一度会って話をしたいと伝える。

 

その頃、藍は木村さつきに呼び出されていた。

木村鍍金工場の跡地に・・・

「藍さん、いや佐野鈴ちゃん」

「あなたが鈴ちゃっんってことは誰にも言わない代わりに、手伝ってほしいの」

 

ピンポーン

「どちら様ですか?」

「木村です。」

 

佐々木紀子の家を、木村さつきと藍(鈴)が訪ねてきた。

木村さつきは、鈴に正体をみきおにバラさない代わりに、佐々木紀子が何を証言しようとしているのかを聞き出し、新証言をやめさせるように協力させようとしていたのです。

 

最初は木村さつきを家に入れることを拒んでいたものの、鈴がいることを知るや否や鍵を開けます。

鈴に、こんなに時間がかかってしまって申し訳ないと謝る紀子。

何を知っているのかと訪ねると、紀子は音臼小の事件が起きる前から、あの事件が起きることを知っていたと言う。

 

千夏ちゃんが亡くなった後のこと。

佐々木紀子は、長谷川翼に青酸カリを工場から盗むように頼まれていたのです。

常に家では暴力を振るわれており、逆らうことのできなかった紀子は言われるがままに青酸カリを工場から盗んで長谷川翼に渡していました。

 

そして、明音ちゃんの事件が起きたのです。

翼は、事件の後に

「明音ちゃんを3日で解放するなんてあいつの嘘だった。」

「殺すなんて俺は聞いてなかった。明音ちゃんを隠しに行ってくる。」

そう言ってあの日出かけていったと言うのです。

その後の警察からの聴取などでは、知らないと嘘をつき捜査からは逃れていたのでした。

そして、金丸刑事が殺されるところを目撃していたのです。

 

音臼岳の山中で、金丸刑事と誰かが話していたのを紀子は盗み見していました。

事件のこと、犯人のことを金丸刑事に聞いてる誰か。

今回の事件の犯人像は、ズブの素人だと言い切る金丸刑事に、とあるノートを差し出します。

それは、心が捨てたノートです。

ここには、未来に起きることが描かれています。そして、音臼小学校で無差別殺人事件が起きるんです。

その事件で逮捕されるのは、佐野文吾です。信じられますか?

これでも、犯人がズブの素人だと言えますか?と笑いながら話します。

このノートどうしたんだ?と聞く金丸刑事に、ちょうどそこで拾ったんですよといい崖のほうに導いて、突き落としたのでした。

 

紀子は、もう命が長くない重い病でした。

そのため、最後に知っていることは全て話そうと思ったのです。冤罪で捕まっている文吾とと、その家族である佐野家に申し訳がないと思って。

 

鈴は、紀子に尋ねます。

金丸刑事を突き落とした人物を見たんですかと。

紀子は、姿は見ていないが思い当たる節があると言う。

その人物は、普段から長谷川翼に頻繁に電話をかけてきていた人物で、一緒に写っている写真があると探しに行きました。

その隙に、鈴に白い粉を入れてはどうかと提案する木村さつき。

 

真犯人はお母さんだったんですか?と訪ねる鈴に、真犯人を知っているというさつき。

それを防ぐ理由があなたにはあるでしょうといいます。

赤ちゃんを守るために。

 

犯人の名前を聞いた鈴。

写真を持ってきた紀子の写真を見て、やっぱりねというさつき。

鈴はその写真を見て、思わず部屋から駆け出してしまいます。

紀子のマンション前には、心と由紀がいました。

泣きながら裸足で駆け出してきた鈴を見て、慌てる心でしたが鈴は体調が急変して倒れ込んでしまいます。

赤ちゃんに何かあっては行けないと、病院へと駆け込みます。

 

証言を止めるように進言する木村さつきでしたが、それでも紀子は辞めないと言います。

それじゃあ仕方ないわねと言い、包丁で紀子を刺します。

血塗れで紀子をあやめた木村さつきは、犯人が写った写真を処分して包丁で自分のことも刺して傷つけます。

110番に電話し警察に電話をして「娘から刺された」と。

 

病院で手当てを受けた鈴は、子供を堕したいと言い出す。

事件の犯人は、この子供が一番望まない人物だと涙ながらに語り、心は犯人を察知します。佐々木紀子が危ないと、家に向かうと既に警察が来て事件として扱われていました。

由紀に鈴を連れて警察へ行き、全てを話して保護してもらうように頼みます。

 

明日たくさんの人が死ぬ。

鈴は、さつきからそう言われていたのです。

 

音臼村へ

心は、何処かへ電話をして音臼村へと向かいました。

旧音臼村には、慰霊祭の準備がされておりテントが建てられていました。

犯人は来る。

3時間ほど待っていると、人影が出てきます。

そこには、車椅子ではなく、しっかりと自分の足で立って歩いてきた加藤みきおが来たのでした。

「持ってきちゃいました。母にも、見て欲しくて」

「世界の終わりを」

そう言って、木村さつきの目玉を手に取り出します。

「やっと会えましたね。心先生。」

「やはりお前が犯人だったのか、加藤。」

加藤みきおは、過去に心が捨てた運転免許証を取り出し、タイムスリップのことを聞いてきます。

罪を償えと説得する心に対して、タイムスリップの仕方をしつこく聞いてくる加藤。

その最中で、急に霧が濃くなってきて、それに乗じて加藤みきおがナイフを取り出して心に襲いかかってきます。

 

\今すぐ電子書籍で第1巻&第2巻を無料購読する/

第1巻&第2巻を無料で読む

テセウスの船 動画 第1話2話3話見逃し無料配信フル視聴の方法!再放送予定TBSの2020年日曜劇場はドラマ【テセウスの船】に決定しました! 竹内涼真さん主演のタイムスリップミステリーサスペンスドラマです。 ...

https://www.g-jinkenho.net/theseusnofune-drama-movie-2/