未分類

【その3】テセウスの船原作マンガネタバレあらすじ!最終回結末や真犯人は?

ドラマ【テセウスの船】の原作漫画【テセウスの船】は、すでに完結しています!

全巻のあらすじをまとめていきます。

このページでは、その3となります。

漫画『テセウスの船』ネタバレあらすじその1はこちら

テセウスの船原作ネタバレあらすじ!最終回結末や真犯人は?ハッピーエンドで終わる?ドラマ【テセウスの船】の原作漫画【テセウスの船】は、すでに完結しています! 早速、本屋さんに行って全巻読破してきたので、あらすじを...

漫画『テセウスの船』ネタバレあらすじその2はこちら

【その2】テセウスの船原作ネタバレあらすじ!最終回結末や真犯人は?ドラマ【テセウスの船】の原作漫画【テセウスの船】は、すでに完結しています! 全巻のあらすじをまとめていきます。 このページで...
  • ドラマのあらすじをじっくり楽しみたい!
  • あらすじを事前に知りたくない!
  • 真犯人もわからないほうがいい!
  • 最終回の結末がハッピーエンドかどうか知りたくない!

という方はこちらのページは読まない方がいいかもしれません。

https://www.g-jinkenho.net/theseusnofune-drama-movie/

テセウスの船 動画無料 4話5話6話見逃し配信フル視聴方法!第2章再放送予定TBSの2020年冬の日曜劇場ドラマ【テセウスの船】が盛り上がっていますね。 主演の竹内涼真さん、鈴木亮平さんや上野樹里さんの演技...

原作漫画【テセウスの船】の情報

作品名 テセウスの船
作者 東元俊哉
掲載誌 講談社『モーニング』
掲載期間 2017年30号〜2019年30号
2017年6月22日〜2019年6月27日
コミックス 全9巻

事件が起きたのは、1989年6月24日の北海道・音臼村の小学校。

当時の児童を含む計21人が毒殺されるという事件が起きる。その時に逮捕されたのは、当時村の警察官であった佐野文吾。

その事件から28年後、佐野文吾の息子である田村心は、死刑判決を受けておりながらもなお未だに一貫して、無罪を主張し続ける父親が冤罪なのではないか?という可能性を感じて、独自で調査をし始める。

当時の事件現場である音臼村の小学校跡地を訪れた田村心は、突然発生した濃霧に包まれたかと思うと、事件のあった1989年へとタイムスリップしていた。

そこで事件前の父、佐野文吾と自分が生まれる前の家族と出会う。父親が本当に犯人なのか?事件の背景には一体何があったのか?

※原作では舞台が北海道となっていますが、ドラマでは北海道では無くなっています。

原作漫画【テセウスの船】の登場人物

  • 田村心
  • 佐野和子(田村心の母親)
  • 田村由紀(田村心の妻)
  • 佐野文吾(田村心の父親)
  • 佐野鈴(田村心の姉)
  • 佐野慎吾(田村心の兄)

原作漫画【テセウスの船】第3章のネタバレあらすじ 再び過去へ

事件の数日前へ

霧に乗じて襲われた心は、脇腹にナイフを刺されてしまいます。

そこへ、通報で駆けつけた警官が訪れますが、それを見て加藤みきおは逃げ出します。

霧は濃くなっていき、加藤みきおを見失います。

霧が少しずつ晴れて気づくと、過去に戻ってきていました。

心は救急車で運ばれ、1週間も意識を失っていました。

目を覚ますと、目の前には佐野文吾が心配そうに看病してくれていました。

心が再び戻ってきたのは、音臼小無差別殺人事件が起きる直前でした。

佐野文吾は、小学校近辺を念入りに見回りをしたり、事件が起きるレクリエーションの予定を変えるように学校へ掛け合っていました。

しかし、事件を知らない小学校関係者や父兄からは、佐野文吾の行動が不審がられていました。

病室で、佐野文吾に現代で知ったことを話します。

木村さつきと加藤みきおが犯人であると。

無理やり退院し、加藤みきおの家を訪ねるが表札がなくなっており人影もありません。

佐野は、心にいなくなったときのことを尋ねます。

心は霧に包まれてタイムスリップしたことを話すと、佐野は音臼神社の神隠しの言い伝えがあると言います。

霧が出た日に、お稲荷さんに神隠しに合うと言う言い伝えがあるのでした。

加藤みきおの生い立ち

そこへ、木村さつきが訪れます。

事件の手がかりがないかと、心と佐野は木村さつきを送るついでに、加藤みきおの話を聞きます。

加藤みきおは、両親を亡くしており祖母が住んでいた音臼村に移り住んできていました。

祖母が体調を崩し、札幌の病院に入院してしまっているのです。

そのため、加藤みきおは児童養護施設に預けられていると聞きます。

木村さつきは、加藤みきおの生い立ちから祖母が亡くなった際には、引き取ろうと思っていると話します。

木村さつきの家を見て回るものの、現時点で木村さつきが事件につながるようなものは見つかりません。

佐野と心は、加藤みきおを訪ねるために児童養護施設へと向かいます。

児童養護施設へ到着し、園のスタッフに加藤みきおを尋ねると親戚の人間が引き取りに来たと言います。

加藤信也という叔父が連れ帰ったと言います。

誰か不明なものの、連絡先もでたらめで連絡がつかない。

一旦は引き返すことになります。

心は、佐野に事件までに村を出てはどうかと再び提案します。

佐野は、未来を考えると怖いし、村を出ることも考えたと言います。

しかし、やはり事件が起こるとわかっていて、それを見て見ぬ振りすることはできない。

そう言います。

加藤信也とは?

加藤みきおが田中さんの家を訪れます。

たわいもない話をした後に、田中さんは小学校のウサギの子供の話を持ち出します。

「みきおくんは、あの時なぜ犯人が赤ちゃんがいるウサギを選ばなかったのか?赤ちゃんが生まれれば、もっと遊べるからだとみきおくんは言ったよね?」と。

すると、加藤みきおはウサギを殺した時の様子を克明に語り始めます。

 

その日の夜、田中さんの家が火事になります。

騒ぎを聞きつけて心と佐野文吾は、田中さんの家の火事を消化の手伝いへと向かいます。

その騒ぎの中で、佐野家に加藤と名乗る人物が訪ねてきます。

和子が客人の相手をすると、その男は加藤みきおの叔父であると名乗ります。用件は特に言わず、田村心の存在について聞いて出て行ってしまうのです。

佐野文吾が戻り、そのことを話すと心と文吾は顔を見合わせて、その男が加藤信也だと確信します。

加藤みきおの家の大家に事情を説明し、加藤みきおの自宅を捜索することにしました。

家の中に、毒物や殺人の証拠を探しますが何も見つかりません。証拠らしきものはないのですが、クラスの全体写真がありました。

その写真は、加藤みきおと鈴以外の顔が、ピンで刺されているものでした。心はその写真を見て、クラスメートを恨んでいた?と考え始めます。

 

佐野文吾は、事件後に自分の家から青酸カリが発見されると言うことは、すでに犯人が持ち込んで隠してある可能性が高いと言う。

そのため、心に青酸カリが隠されていないか探すように頼にます。そして、家族は村から避難させることにしたのです。

その日の夜、和子は事情をよくわらないながらも、富良野の親戚の家に行くことに決めます。

今夜は家族みんなで、楽しく過ごすことになりました。

庭にタイムカプセルを埋めたと言う鈴の話を聞き、心も自分が生きた証を残そうとタイムカプセルに何か残すことに決める。

自分の家系図とともに、愛する妻の由紀との結婚指輪をタイムカプセルに入れることにした。

事件を防げば、未来は変わる。

それはつまり、由紀と結婚した自分の人生も変わると言うことになる。

 

俺はゆきと結婚して、未来が生まれて幸せだった。

それは変わらない。

 

和子と鈴、慎吾は翌朝車で富良野へと向かった。

翌日、音臼村では、火事で亡くなったとされる田中義男の葬儀が始まる。

佐野は、親戚の家に電話をかけるが、まだ和子たちはついていないと言う。車で3時間程度の距離のはずだが丸一日、連絡もなくまだ到着していないと言うことに、嫌な予感がする。

加藤みきおから木村さつきに電話があり、翌日のお泊まり会には参加すると言うことが伝えられる。

それを聞いた心と佐野は、翌朝に佐野が加藤を駅まで迎えに行くことにする。

その間に、不審な人物が現れないか心が警備をすることにしたのであった。

運命の26日

翌日になっても、和子とは連絡がつかない。

避難先の親戚には、引き続き探してもらうように頼み、いざとなれば警察に届け出るようにお願いをする。

その時、子供のみきおは現代からやってきた木村みきおと一緒にいた。

「おじさん、今までで一番楽しかったことって何?」

そう聞くと、木村みきおは千夏ちゃんを殺した時だと答える。

初めて自分で作った武器だった。

心が未来から過去へ来たあの日。

加藤みきおは、三島明音ちゃんと佐野鈴と3人で自由研究の宿題をやる約束をしていた。

しかし、明音ちゃんが断っていたのだった。

その日、鈴は屋根から落ちて病院に運ばれていた。それを可哀想がる加藤みきおは、明音ちゃんにどうして一緒に宿題をやるのを断ったのか尋ねる。

明音ちゃんの父親は、鈴の父である佐野文吾にスピード違反の切符を切られたことを愚痴っていた。その時に、鈴とも仲良くするなと言われていたのだった。

みきおがそのまま帰ろうとした時に、倉庫でたまたま明音の妹である千夏を見かけた。

千夏ちゃん、ジュース飲む?

翼の事件のことも話し始める。

加藤みきおも、長谷川翼にいたずらをされていた。

それで、翼が自分にしたことを言わないと約束する代わりに、明音ちゃんを小屋へと連れてくるように頼んでいたのだった。

翼が明音ちゃんに乱暴した後、明音を助けるフリをして千夏ちゃんに飲ませたジュースを明音にも飲ませた。

しかし、明音ちゃんはすぐには死ななかった。

しばらく苦しみながらも、なかなか死なないため加藤みきおは首を絞めたのだった。

佐野から心へ無線で連絡があった。

電車には誰も乗っておらず、加藤みきおの影はなかったという。

 

その頃、学校の職員室にいた木村さつきに電話がかかってくる。

その電話は、加藤みきおからのもので木村さつきを呼び出すものだったのです。木村さつきが、加藤みきおを心配して山小屋へ行くと、突如大人になったみきおに首を絞められます。

「お母さんは頑張りすぎた。。。」

 

学校では、心と佐野が父兄の手荷物検査をし始めます。

父兄からは何をそんなに・・・と怪訝な目で見られますが、二人の真剣な眼差しに仕方なく応じていました。

佐野文吾は、父兄達に何度も厳しく口にするものについて、水道水以外は飲まないようにと制限をかけます。

そんな中で、放送室のマイクから放送が流れ出します。

「マイクテスト、マイクテスト。

今日はお泊まり会です。みんなで楽しく過ごしましょう。フフフ。」

加藤みきおの声です。

慌てて心と文吾は、放送室へと向かいます。

そこには、加藤みきおがいました。

文吾と心は加藤みきおの荷物を調べようとしますが、みきおは拒否します。

 

心は、みきおの後を尾けて行動を監視します。

雨が降ってきて、全員が校舎の多目的室に集まります。多目的室は事件が起きた部屋。

 

そんな時に、佐々木紀子が雨の中慎吾を抱えて学校へやってきました。

知らない男に連れ去られてしまい、慎吾だけが逃されたと言うのです。この事件を受けて、お泊まり会は中止になります。

子供たちと父兄は家に帰るようにと促されます。

加藤みきおだけ部屋に隔離し、警察の到着を待ちます。心と文吾は、この後のことを相談します。

慎吾のズボンのポケットには、またもや不気味な絵が入れられていました。

絵を見ると、和子、鈴、赤ちゃんらしき三人と、慎吾が描かれています。

慎吾だけが破られており、残りの三人は塗り潰されていました。風速計も描かれており、18:30と書かれています。

一連の事件の犯人と同じ人物が、山小屋に来るように仕向けているようにも見て取れます。

心は、自分が山小屋へ向かうと言います。

文吾はできるだけ警察と一緒に動いた方がいい。犯人に疑われないようにした方がいいと。しかし、文吾は事件を食い止めることが大切だと食い下がります。

それを聞いて、心は「自分には戻るところはない。覚悟はできている」と強い意志で語ります。

 

雨の中、車で小屋へ向かう心。

小屋の前に到着し、中の様子を伺っていると突然後ろから大きな石で頭を殴られます。

気を失い、目を覚ますと手錠で手を繋がれていました。小屋の中には木村さつきが倒れています。

灯油の匂い・・・

そこに、大人の加藤みきお(木村みきお)が現れます。

なぜここに?

そういう心に対して、自分も一緒にタイプスリップしたのだと言います。

 

もうすでに大量殺人には興味がないと話し出す木村みきお。

みきおは事件の経緯を話し始めます。

みきおが音臼村に引っ越してきた時、みきおは他人に心を閉ざしていた。

そんな時に、みきおは隣の席でいつも優しく接してくれていた鈴のことが好きだったのだ。

明音ちゃんは、鈴を泣かしたから殺した。

鈴は、好きな人の話になると、お父さんみたいな人と結婚したいと話していた。

馬鹿だけどまっすぐで正義感が強いお父さんが大好きだったのだ。

みきおは、鈴の父親である佐野文吾が逮捕される夢を見たのだと言う。

みきおは、事件が起きた後もずっと鈴の行方を追っていたのだった。全ての引越し先、整形をしていることも名前を変えていることも知っていたのだ。

しかし、大人になって再会した鈴は、もう昔の鈴ではなかった。

その変化にショックを受けて、みきおは慰霊祭で全員を巻き添えにしてしのうと思っていたのだった。

そこに、心が現れたのだと言います。

そして、霧に包まれてタイムスリップしてきたのです。

子供の加藤みきおを探し、全てを話していたのです。鈴を手に入れても、鈴は全く別の人間になってしまっている。

それでもいいのか?と。

木村みきおは、子供の頃の自分である加藤みきおに殺されるのもいいかなと思ったのだった。

自分は加藤信也という謎の男のまま死ぬ。そして、佐野和子と鈴を助けるのが加藤みきおになればいいと。

学校では、旧体育館に佐野和子と鈴が縛られていた。そこにやってきたのは、子供加藤みきおだった。

自宅へと帰ろうとしているみんなの前に、加藤みきおが鈴を背負ってやってきた。

鈴ちゃんを助けた!お母さんも旧体育館にいると。

さらに、こんなものを見つけたと、加藤信也の名義で書かれた遺書を見つけたと言います。

そこには、これまでの一連の事件についての殺害を認める内容が書かれていました。

 

原作漫画【テセウスの船】第3章のネタバレあらすじ 結末と真犯人

そもそもの事件の犯人は加藤みきおだった。

さらに、田村心が現代に戻った時に自分を殺そうとした木村みきおも、濃霧に巻かれて一緒に過去へとタイムスリップしてきていたのだった。

過去で少年時代の加藤みきおと、大人になった木村みきおが手を組んで犯行を実行しようとしていた。

 

 

\今すぐ電子書籍で第1巻&第2巻を無料購読する/

第1巻&第2巻を無料で読む